TAVI
Transcatheter Aortic Valve Implantation
経カテーテル大動脈弁留置術
東海地区で初症例を実施/経験豊富な指導医が在院

 大動脈弁狭窄症とは?

大動脈弁狭窄症とは、さまざまな理由により大動脈弁(図1)が硬化し、十分に開かなくなる病気です。

大動脈弁は、心臓から血液を送る入り口にあたるため、弁の硬化により狭くなったところを無理に血液が流れることで心臓に負担が掛り、狭心症のように胸が痛くなったり、失神したり、心不全になるなどの症状を呈するようになります。

こんな症状は、ありませんか?
Placeholder image
その症状、もしかしたら…
Placeholder image

 TAVI とは?

Transcatheter Aortic Valve Implantation の略語で、「経カテーテル大動脈弁留置術」と訳されます。
TAVI は、胸を開かず、心臓が動いている状態でカテーテルを使って人工弁を患者様の心臓に装着する治療法です。
この治療は、心臓の弁が上手く機能せず、息切れなどの症状が出る「大動脈弁狭窄症」の患者様で、高齢などの理由で外科的な手術が困難な方に対する新しい選択肢となります。
当院は、東海地区で1番最初に TAVI を施行した施設です。

大動脈弁狭窄症の3つ治療方法

大動脈弁狭窄症の3つ治療方法

どのような方が TAVI 対象者となるか?

ご高齢の方(80歳以上)

過去に開胸手術の既往がある方(冠動脈バイパスグラフトなど)

肺気腫などの呼吸器疾患を合併している方

肝硬変など肝疾患を合併している方

頸動脈狭窄を合併している方

胸部に放射線治療歴のある方

1年以上の予後が期待出来る悪性腫瘍など悪性疾患合併がある方

患者さんのメリット

経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)のメリット

従来の心臓手術(開心術)に比べ、体への負担が少ない

胸骨切開、心臓停止、大動脈切開、人工心肺、全身冷却といった特殊な操作がないため、手術後の痛みや心臓への負担、出血を少なくすることが期待できます。

入院期間の短縮

体への負担を少なくすることにより、早期の退院や日常生活への復帰が期待できます。

治療の選択肢が増えます

これまで年齢や体力、過去の心臓手術のご経験、臓器の障害(肝臓、心臓、呼吸)、または悪性腫瘍などが原因で、従来の心臓手術を受けられなかった方にも治療が受けられる可能性があります。

 当院における TAVI

当院の特徴

  1. 熟練した指導医が在籍し、内科・外科協力して手技を行なっている。
  2. 入院から退院まで1週間程度。手技から3日で退院。
  3. 手術時間が約1時間程度であり、一般的な施設と比べて短い。
  4. 患者様の負担の少ない手技を心がけている。(TF場合)
    • 全身麻酔ではなく、局所麻酔である。
    • カテーテル挿入部は切開でなく、穿刺で行なっている。
  5. 心臓専門病院のため、心臓治療に熟練したコメディカルスタッフの協力が得られる。

熟練したTAVI指導医を中心としたハートチーム

みなさん、こんにちは。豊橋ハートセンターで構造的心疾患に対する治療を担当させて頂いております山本真功(まさのり)と申します。

構造的心疾患とは、聞きなれない言葉だと思うのですが、心臓弁膜症や、先天性心疾患という病気によって、引き起こされる心臓病を大きくまとめた表現です。詳しくは、当院のホームページを見て頂ければ詳しく解説してあります。

特に大動脈弁という心臓の出口が悪くなる病気に対してをカテーテルで治療するという方法は、経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)と呼ばれております。ステントと呼ばれるものに生体弁を取り付けて、カテーテルという道具を使用して大動脈弁に取り付けます。使用することができる治療器具は2種類ありまして、私はいずれの治療方法も指導医の資格を有しております。フランスでこの治療を学び、日本の医療に少しでも貢献したいと考えております。

365日、24時間体制で、緊急の患者様にも対応することが可能な体制ができています。病気でお困りの患者様がいらっしゃいましたら、是非とも豊橋ハートセンターにご相談下さいませ。

循環器内科 山本 真功

治療実績(累計症例数)

来院から退院のまでの1週間の流れ

外来受診〜TAVI 当日 TAVI 当日 術後〜退院まで(3~5日)
外来にて
検査
術前
リハビリ
評価
点滴 手術 検査
リハビリなど
術後評価
退院
アイコン アイコン アイコン アイコン アイコン アイコン
→

患者様 年齢分布

当院で治療された患者さまの声

アンケート結果

経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)に関するよくあるご質問(FAQ)

Q. TAVIまでの流れはどのようですか?

A. 外来→各検査→ハートチームカンファランス→TAVI入院となります。

Q. どんな合併症があるか?

A. 大きなきな合併症は死亡、心筋梗塞、脳卒中、弁輪破裂、左心室破裂、カテーテル弁の移動、急性大動脈弁閉鎖不全症(結果として急性心不全)、血管損傷(動脈解離、破裂)、房室ブロック(永久ペースメーカー)などがあります。これらの事態には迅速で対応する必要があり、場合によっては緊急で開胸術や開腹術(血管損傷の場合)に移行しなくてはならない場合もあります。この治療が誕生した当初は合併症の率が高かったですが、デバイスの改良、経験の蓄積により、年々成績が改善しています。アプローチ部位、施設や地域、施行された年代によりヨーロッパやアメリカ、日本でレジストリ研究や治験の結果から、術後30日間の死亡率は約5%まで改善しています。日本では昨年10月より保険償還されていますが、現在(2014年8月)までに600例以上の患者さんがこの治療を受けており、未だ少数例ながら、30日死亡率は1%程度となっています。

Q. 治療による痛みはありますか?

A. 治療は全身麻酔で行われる場合は痛みを感じることはありません。治療後にカテーテルを挿入した足の付け根に不快感があったり、傷口の痛みが残ったりすることがあります。全身麻酔の場合は術後にのどに違和感をおぼえたりすることがあります。これらは数日から一週間でおさまります。局所麻酔で行う際にも局所麻酔以外にも鎮静剤(睡眠剤)を用いて術中は軽くウトウトした状態で寝て頂くことが多いです。

Q. 透析患者は受けられないと聞きました?

A. 現在日本では残念ながら保険適応外となっております。今後の適応拡大が望まれます。

Q. 治療後にMRI検査は可能ですか?

A. 経カテーテル生体弁は磁性がありませんので問題ありません。

Q. 入院期間はどれくらいですか?

A. 順調に経過した場合はTAVI後3−5日以内に退院されることを目標にしております。ただし、患者さんによってはリハビリが必要なこともありますので、TAVI前後にリハビリチームが介入し、敵越なリハビリプランを立ててリハビリ後退院の予定となります。

Q. 治療後に内服する薬はありますか?

A. 治療後半年間は2剤(チエノピリジン系薬、アスピリン)の抗血小板療法が必要となります。その後は1剤を医師の指示のもとに応じて服用となります。

Q. 治療費は、どのくらいかかりますか?

A. 当ページの「費用」をご参照ください。

費用

2013年10月より、TAVI 治療が健康保険の適用となりました。
さらに、高額療養費制度をご利用いただくことで、費用の負担を軽減することが可能です。

例)TAVI 治療 7〜14日入院の場合

健康保険を使用される場合
70歳未満の方 180万円(3割負担)
70歳以上の方 44,400円(所得により、異なる場合があります)
高額療養費制度を利用される場合
70歳未満の方 年収 約1,160万円以上の方 約30万円
年収 約770万円〜1,160万円の方 約22万円
年収 約370万円〜770万円の方 約14万円
年収 〜約370万円の方 57.600円
住民税非課税の方 35,400円
70歳以上の方 44,400円(所得により、異なる場合があります)

※食事代、個室代は別途必要になります。