心臓カテーテル治療共同プログラム

「オープンシステムによる心臓病カテーテル共同治療プログラム」とは?

豊橋ハートセンター以外の病院でPCIの適応と判断された患者様に対し、最新かつ最適なPCIが行えるようにテクニカルアドバイザーと申込医が術前検討を行い、実際に申込医とともにテクニカルアドバイザーが共同してカテーテル治療を行うシステムです。

さらに、治療後に治療結果をさまざまな側面より評価し、今後の治療法の進歩に役立てるためのプログラムです。そのために、申込医とともに患者様に豊橋ハートセンターへ来院していただき(オープンシステム)、当ハートセンターのカテーテル室で共同して治療を行います。

本プログラムの目的

  • 個々の患者様に最適な、最高水準のPCIの探求
  • 治療現場での意見・技術交流により治療技術の改善
  • PCI技術の密室性の克服

概要

  • 術前検討会:
    • 患者様の様々な背景を考慮した上で、病態・病変に応じた最良な治療法を検討
    • 申込医・複数のテクニカルアドバイザーによる治療法に関する意見交換
  • 共同治療:
    申込医もしくはテクニカルアドバイザーがメインオペレーターとなり共同して治療を行う
  • 術後検討会:
    申込医・複数のテクニカルアドバイザーにより適応した治療法の結果を検討し問題点・改善点を検討

テクニカルアドバイザー

鈴木孝彦
鈴木 孝彦
土金悦夫
土金 悦夫
木下順久
木下 順久

申込資格

冠動脈造影法に習熟したPCI初級者より上級者まで可

本プログラムの申込方法

  1. お申し込み
  2. 確認の返信メール、又はお電話
  3. 患者様CD・シネフィルムの郵送(本プログラム適用の可否判断)
  4. 最終日程確認のため本プログラム担当者より申込医へ連絡(入院日、申込医の到着日、患者様家族・申込医の宿泊予約、等の確認)

流れ図

本プログラムの内容及び具体的手順

  1. 患者様受け入れ・術前説明(テクニカルアドバイザーが担当)(前日もしくは当日)
  2. 術前回診(申込医とともに)・内服確認
  3. 術前検討会(当日朝、可能な限り複数のアドバイザー・申込医)
    1. シネ読影
    2. 各種ストラテジーの提示(問題点・利点・リスク)
    3. 申込医のストラテジー選択(デバイス等)
    4. ガイドカテ等、使用器材の決定
    5. 選択したストラテジー・使用器材の問題点
    6. 治療中の想定し得る治療法の変更・アクシデントと対処法
    7. エンドポイントの設定
  4. 共同PCI
    1. 申込医(希望により術者または介助者)・アドバイザーが共同してPCI
    2. アドバイザーによる手技上の suggestion
    3. PCI 中の全透視・手技内容を記録
  5. 術後検討会(術後当日)
    1. 結果の評価
    2. 他の採用し得た治療法・手技について
    3. 予想し得なかった手技の変更・アクシデント・選択した対処法の妥当性・他の可能な対処法
    4. 申込医の改善すべき点・改善方法
  6. 術後回診
  7. PCI 中のシネ CD を申込医へ
  8. 退院時投薬確認・follow-up CAG 予定確認等