臨床工学部門
豊橋ハートセンター 臨床工学技士メンバー

臨床工学部門の理念

  • 我々は臨床工学技領域における最先端の知識や技術を探求し、
    業務改善に日々努めます
  • 我々は医療安全技術を向上させ、
    安心で安全な医療を提供する努力を惜しみません
  • 我々は患者様の人権を尊重し、
    丁寧で親切な対応を心がけます

臨床工学技士長 色川 桂輔

当院における臨床工学技士

当院は心臓治療に特化した病院です。循環器分野の治療は近年著しく発展を遂げており、それに伴い医療機器・治療機器は複雑化・多種化を呈してきました。私たちが当院で携わる分野は、人工心肺分野・カテーテル治療分野・不整脈治療分野・呼吸療法分野・腎機能代行分野・肝機能代行分野・医療機器保守点検分野など、多岐に亘ります。最近では循環器治療において、『ハートチーム』という言葉が謳われるようになってまいりました。それは、複雑化する治療に対して、循環器内科医、心臓血管外科医、麻酔科医、看護師、放射線技師、理学療法士、管理栄養士、そして我らが臨床工学技士など、多職種が連携して、それぞれの専門分野を活かして治療に望むという概念であります。私たち臨床工学技士も専門的知識・技術を有する『ハートチーム』の一員として日々、業務に取り組んでいます。

私たちは最新の治療を患者様に提供するために最新の治療法を『学習』し、『取り入れ』、『提供』する事をお約束いたします。そして、臨床工学分野におけるトップランナー、循環器治療におけるオピニオンリーダを目指し、努めてまいりたいと思っております。

臨床工学技士長 色川 桂輔

臨床工学技士とは

臨床工学技士はコメディカルスタッフの一職種であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。

臨床工学技士になるには、3年制の臨床工学技士養成専門学校及び4年制大学を卒業することにより、臨床工学技士国家試験の受験資格が得られ、国家試験に合格して厚生労働省から免許が与えられます。

私たち臨床工学技士は CE(Clinical Engineer)と呼ばれ、医師の指示の下に、血液浄化装置、人工心肺装置、人工呼吸器等の生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを仕事とし、医療機器の進歩に伴い、医学的、工学的な知識を持つ専門職が必要となったためにつくられた医療職です。

現在当院では緊急時に対応するため、24時間365日対応できる体制をとっております。

2016年実績

  • 当院の経大動脈弁留置術における体外循環関連合併症の全貌、日本体外循環技術医学会東海地方会、2016年1月
  • 『デバイス待機』の始動と積極的イベント介入への挑戦、BIOTRONIK セミナー、2016年2月
  • 心室頻拍に対し抗頻拍ペーシングで停止しているにも関わらず、再認識されず洞性頻脈にShock作動をきたした一例、第8回植え込みデバイス関連冬季大会、2016年2月
  • リード損傷の早期発見に対する遠隔モニタリングシステムの有用性、第8回植え込みデバイス関連冬季大会、2016年2月
  • 経カテーテル的大動脈弁留置術における植え込み型ペースメーカを用いたRapid pacingの有用性、CVIT東海北陸地方会、2016年4月
  • 急性心筋梗塞におけるカテーテル治療、豊橋ライブ Co-medical video live session、2016年5月
  • 経カテーテル的大動脈弁留置術におけるペースメーカ関連合併症の現状とその後の経過、愛知県臨床工学技士会、2016年5月
  • Medtronic社製心房頻拍ペーシング(A-ATP)機能の考察、Tokai D-MaC、2016年6月
  • 『Mail reduction』によるデバイス待機の高揚とFile Makerによるアラート管理、Homemonitoring experts セミナー、2016年7月
  • 心房細動アブレーションにおける食道温モニタの製品仕様によって患者や手技に与える影響の比較、第63回日本不整脈心電学会学術大会、2016年7月
  • 経カテーテル的大動脈弁留置術におけるペースメーカの総論、東海テクニカルセミナー、2016年8月
  • 当院での局所麻酔鎮静下TAVIの工夫、JTVT2016、2016年8月
  • TAVIにおけるCEの役割~現状と展望~、第36回CVIT東海北陸地方会、2016年9月
  • SCORE Navi +PlusによるFlemingの最適化と問題点、第36回CVIT東海北陸地方会、2016年9月
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)における臨床工学技士の可能性と実際、日本体外循環技術医学会北陸地方会、2016年9月
  • SHD治療時のコメディカルの関わり~局所麻酔鎮静下TAVI施行する際のコメディカルの関わり~、ストラクチャークラブジャパン2016、2016年10月
  • 医療費から考えたTAVI、ストラクチャークラブジャパン2016、2016年10月
  • Rhythmia導入後のノイズ軽減への取り組み、第5回日本EP・アブレーション技術研究会
  • 鼻出血における患者管理とEsophastarのメリット、J・Cath TIMES Vol.14 2016.10.10
  • AMIにおける救急車到着から治療までの関わり、第31回PICASSO、2016年11月
写真
写真
写真
写真
写真
写真

1. カテーテル業務(虚血部門)

写真写真

カテーテル室では医師の介助 IVUS(血管内超音波)・OCT(光干渉断層画像)などの画像診断機器 ポリグラフ(生体監視記録装置)など医療機器操作を行います。 また592件/年の緊急検査、治療に対応しております。

写真
虚血部門検査、治療件数

2. カテーテル業務(SHD部門、その他)

写真写真

ハイブリッドOpe室では医師の介助、デバイスのセッティングなどの操作を行います。また医師、看護師など様々な職種のスタッフにてハートチームを結成し、治療に携わっています。

写真
SHD部門、治療件数

3. カテーテル業務(不整脈部門)

写真写真

不整脈業務では(AF・AFL・VT・PSVTなどの不整脈アブレーション治療時の心内心電図、スティムレータ(刺激装置)、三次元マッピング装置などの操作および保守点検を行います.

写真
不整脈治療、計479件

4. カテーテル業務(デバイス業務)

写真

デバイス植え込み時の介助、デバイスチェックを行っております。外来では心臓ペースメーカーチェックをおこなったりします。

また、24時間対応しております。

写真
デバイス治療、計166件
写真
2016年度デバイスフォロー件数

5. OPE室業務

写真

OPE 室では人工心肺装置(心臓・大血管の OPE 中に心臓・肺の代替・補助する器械)を操作・点検を行います。

また、69件/年の緊急治療に24時間対応しております。

写真
外科的治療、計338件

6. 病棟業務-血液透析、人工呼吸管理、医療機器管理

写真写真

血液浄化業務では血液浄化療法(HD・HDF・PE・エンドトキシン吸着など)で使用する各種装置の操作および保守点検、集中治療室業務ではCHDF・HDF・PEなどの血液浄化療法、PCPS・IABPなどの補助循環装置、一時的ペースメーカなど集中治療室内での機器操作および保守点検を行っています。

人工呼吸器業務では人工呼吸器装着患者に対する動作確認ラウンド、定期点検、機器トラブル対応、睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP療法などの在宅用呼吸器の操作方法説明など、使用する医療機器の操作および保守点検や機器トラブル対応を行っています。

新入職員の声

2017年3月まで大阪府にある専門学校に通学していました。私には循環器領域を専門としたCEになるという目標があります。そのため4月から新社会人として循環器に特化した豊橋ハートセンターで働く事へ大きな不安な気持ちがありました。
しかし、CE全体の団結力と向上心が高く、循環器の症例数が多く勉強できる環境が整っており、仕事を通じて自己の成長を実感でき最新の医療に携われることに常にやりがいを感じます!

新しい環境や仕事に対する不安もあると思いますが、若いスタッフも多くとても楽しく明るい職場です!
もちろんオンとオフにメリハリがあり、業務や勉強会を通して勉強できる環境が整っていますので、私達と一緒に学び成長していきましょう。

臨床工学技士 岡野 嵐士