脳神経外科
Image

安心・安全の医療を心掛けて

脳神経外科では心臓血管疾患と密接に関わりのある脳卒中の予防とそれに関連する疾患の治療を中心に、広く脳神経疾患に対応するよう努めています。

また、最新の3 テスラMRI による高精細な画像をもとに、無症状の脳疾患の発見や発症後の経過観察を行い、早期の治療や再発防止に向けた診療を行っています。患者様やご家族の皆様には、丁寧な説明により疾患を十分に理解していただき、安心して治療を受けられるよう心掛けています。

脳卒中の予防と早期発見

心筋梗塞や狭心症、胸腹部や四肢動脈の狭窄などの疾患を持つ患者様は、頸部から脳の動脈系にも異常がみられる場合が多く、脳梗塞や脳出血などの脳卒中にかかるリスクが高いと考えられ、また脳卒中の既往のある場合も少なくありません。たとえ一過性であったとしても、四肢の運動や知覚の障害(手足が動かしにくい、しびれる、歩きにくい)顔面の麻痺(顔がゆがむ)、言語の障害(しゃべりにくい、人の言葉が理解しづらい)などの症状があれば、脳神経外科を受診してください。また、ふらつきやめまい、激しい頭痛、一時的に視野が暗くなるなどの症状が見られた場合にも脳神経疾患の可能性があります。

現在は、脳神経外科医師1 名の体制であり、手術など入院治療が必要な患者様には、十分な情報提供とともに豊橋市民病院脳神経外科などの地域の基幹病院へ紹介しています。今後は、主に脳血管疾患を対象として脳神経外科を充実し、従来の心臓・血管の専門病院である豊橋ハートセンターがより広い意味での循環器病の専門病院となるよう努力して参ります。